まめとたろう

まめとたろうとの日常

働き方改革・ワークライフバランス【残業してる人が偉いんだって】

スポンサーリンク

働き方改革とか言われていますが、一体何なんでしょうか。

厚生労働省の働き方改革特設サイト(支援のご案内)を眺めると、関連法で「時間外労働の上限規制」、「年次有給休暇の時季指定」、「同一労働同一賃金」が挙げられていました。

www.mhlw.go.jp

時間外労働の上限規制

大企業は既に施行(2019年4月から)、中小企業は2020年4月施行で、月45時間・年360時間という残業時間の上限規制が導入されます。臨時的な特別の事情がなければ原則としてこれを超えることができないということです。月45時間の残業は、1日2時間程度に相当するようです。

年次有給休暇の時季指定

こちらの施行は2019年4月。労働基準法が改正されて、使用者に、法定の年次有給休暇の付与日数が10日以上のすべての労働者に対して、毎年5日以上、有給休暇を確実に取得させるよう義務付けました。

同一労働同一賃金

施行は2020年4月、中小企業におけるパートタイム・有期雇用労働法の適用は、2021年4月1日となっています。正規雇用労働者と非正規雇用労働者(パートタイム労働者、有期雇用労働者、派遣労働者)との間の不合理な待遇差が禁止され、不合理な待遇差をなくすための規定の整備、労働者に対する待遇に関する説明義務の強化、行政による事業主への助言・指導等や裁判外紛争解決手続(行政ADR)の規定の整備がなされるそうです。

スポンサーリンク  

 

 

うーん、なんか難しく書いてる。きっと、残業しない(させない)、有給休暇はちゃんと取る、同じ仕事しているんだから同じ待遇・同じ賃金ってことでしょうかね。ごくごく当たり前に思いますが、それは当たり前ではないんですよね。

うちは?

振り返って自分。自分に直接関わってくるのは残業と有給休暇。現状は残業なし、休み放題!!超いい職場じゃないですか!!!定時に帰って、かわいい子どもたちとのふれ合い時間も長く持てる。休みも取って心身ともにリフレッシュして健康だぞ。ビバ!ワークライフバランス!

残業

寝袋を持ってきてたり、残業して帰るのが当たり前。効率よく仕事をこなして、定時に帰っていた人を「●●さんは毎日定時に帰っている」とヒソヒソ、コソコソ。悪い意味で話題にあげられているのを聞かされた入社当時。残業しない奴は悪であるという雰囲気だった。自分を守るため、今日やるべきことを定時内に終えているのに、明日やることに手をかけて残業する毎日。帰ったら悪者なのだ。やらなくてもいいことを創造してやるべきこととし、残業しなければ認められない。

そんな日々も支店長が変わって風向きも変わった。勤務時間内に仕事を終えられるような工夫、努力を求められる。のに、リーダー、支店長と闘う。残業は正義だから。リーダーは担当を変えられた。そんな荒療治のおかげかどうかはわからないけれど、業績が悪化することなく残業は著しく減った。

そして月日が流れてまた別の支店長がやってきて、リーダーと担当を変わることになった。リーダーが残した謎のマニュアルをやめて本社マニュアル通りにしてみたら定時で帰れる。仕事に支障はないし、お客さんからのクレームもないし、新規顧客が入ってこなくなるようなこともない。けど、「定時に帰ってる、窓際め」という圧がひどい。エリアマネージャーはリーダーを高く評価しているし、今の支店長の心の内は見えないし。家に帰れるからよしとすればいいのでしょうか。ちなみに、リーダーの行く先、残業が生まれています。業績アップとかは特にありません。

f:id:mametaro1827:20190828111538p:plain

有給休暇

まわりと調整して、休めるのならどんどん休んだらいいんじゃないかという感じ。子どもの突発的なアクシデントにも対応できるので、本当にありがたい。けど。

「お休みいただきます、よろしくお願いします。」

休みのカバーをしてくれる同僚に一声かけることくらい、私もします。ただ、これだけでは不足です。

「●月●日、お休みをいただきたいのですが、よろしいでしょうか?」

所内の方々にお伺いを立てます。そして、休みから戻ったら、

「お休みいただきましてありがとうございます。大変ご迷惑をおかけしました。」

と全体に向けて挨拶が必要です。その後、個々に、

「お休みすみません、ありがとうございます」

会う人、会う人に謝罪とお礼を述べるのです。

リーダーがこうすると、下々もせざるを得ない。大変休みにくい。

もうめんどくさいから休まなくてよくね?

同一労働同一賃金

うちにも非正規雇用のかたたちがいます。その方たちのほうが慣れていることもあって、教わることも少なくはありません。一緒に働く仲間として、反感や不快感を持たれないよう、私自身、できることはしているつもり。対立する必要はないし。が、リーダー。たとえある分野で教えを乞うたとしても、「立場は自分が上。それを君たちわきまえて」というスタンス。もう恐ろしい。

 

結論

今は窓際に置かれて蔑まれてるけど、残業もなく、休みも取れて、ワークライフバランス的には最高です。そしてうちはブラックです。